選考委員長(洋画家・東京芸術大学名誉教授・文星芸術大学副学長)

大沼映夫

プロフィール

1933年生まれ。東京都出身。洋画家・東京芸術大学名誉教授・文星芸術大学副学長。
60年東京芸術大学美術学部油絵科卒業、62年同専攻科修了。60年国画賞を受賞、62年国画会会員に。63年オランダ政府給費学生としてアムステルダム王立美術学校入学、71年まで滞在、帰国後、愛知県立芸大講師、76年東京芸大助教授、83年より美術学部絵画科教授として現在に至る。“トランプ”や“大和”を題材に作品を製作し、個展やグループ展などを開催、85年東郷青児美術館大賞、88年宮本三郎賞など受賞多数。作品に「月の肖像」、「大和思考」などがある。

第12期 講評

素晴らしい作品の数々が集まりました。本当にどの作品も差がなく、苦労します。毎回、そうなのですが、どこの国の作品が際立っているというのではなく、どこの国の作品も成長しています。特に、グランプリを受賞された作品は各国・地域共通で、審査する側がうらやましくなるような出来栄えです。

内容的には、家のお手伝いや家族との小旅行、地域特有のお祭を描いた作品が多く、ほのぼのとしたものが伝わってきます。そうしたテーマは、先生やご両親から与えられているかも知れませんが、実際に体験したのは、子ども自身です。ですから、内面から湧き出てくるような伸び伸びとした絵になっています。そうした点が評価されての各賞の受賞だったと思います。やはり、子ども自身が目で見、耳で聞き、感じたことを素直に表現することが大事です。また、絵日記ですから、当然、文字にも目が行きます。今回、特に、その文字が絵に描いたようにきれいだったことには驚きました。私など、その文字がからっきし駄目で、絵描きになったんですけどね。

印象に残った国:韓国、中国、日本