選考委員長(洋画家) 佐藤一郎

佐藤一郎

プロフィール

1946年生まれ。宮城県出身。洋画家・東京芸術大学名誉教授および、金沢美術工芸大学教授。
7 0年東京芸術大学美術学部絵画科卒業、72年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程油画修了。73年東京芸術大学研究生修了後、ドイツ学術交流会留学生としてハンブルグ美術大学に留学。帰国後、81年に東京芸術大学美術学部絵画科常勤講師、86年に同大学助教授に。95年には文部省在外研究員として、ウィーン美術大学修復学科に在籍。99年より2014年まで東京芸術大学美術学部教授。作品に「透視肖像の図」、「調色板と電熱器」、「青葉」、「那智大滝」、「蔵王御釜」などがある。

第13期 講評

毎回、このアジアの子どもたちの絵日記作品を審査することを楽しみにしていますが、今回も本当に素晴らしい作品が多かったと思います。お国柄がよくわかる作品が多く、どこの国か、どこの地域かというローカリティで作品を分類することもできます。しかし、一人ひとりの作品をよく見ていくと、やはりそこにはその子ども自身が感じたこと、考えたこと、あるいは体験したことがとてもよく絵画と文章で表現されていました。

子ども自身の身の回りで体験した出来事を自分なりにきちんと受けとめて作品にしているといえるでしょう。このように創造性を発揮するアジアの子どもたちが大人になり、国際性を身につけますと、どんな素敵な地球世界になっていくのだろうと、非常に期待を持って絵日記を観ることができました。

どれもそれぞれ素晴しかったです。これからも、たくさんのアジアの子どもたちが「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」に参加し、このような親善の場を楽しんでもらえることを祈っています。