選考副委員長(洋画家・東京芸術大学名誉教授、金沢美術工芸大学教授) 佐藤一郎

佐藤一郎

プロフィール

1946年生まれ。宮城県出身。洋画家・東京芸術大学名誉教授および、金沢美術工芸大学教授。
70年東京芸術大学美術学部絵画科卒業、72年東京芸術大学大学院美術研究科修士課程油画修了。73年東京芸術大学研究生修了後、ドイツ学術交流会留学生としてハンブルグ美術大学に留学。帰国後、81年に東京芸術大学美術学部絵画科常勤講師、86年に同大学助教授に。95年には文部省在外研究員として、ウィーン美術大学修復学科に在籍。99年より2014年まで東京芸術大学美術学部教授。作品に「透視肖像の図」、「調色板と電熱器」、「青葉」、「那智大滝」、「蔵王御釜」などがある。

第12期 講評

改めて出品された国や地域の民族性といいますか、各地域で行事が数多くあることを知らされます。そうした行事に子どもたち自身がきちんと参加して、そこで感じたことを作品にする。いわゆる先進国といわれるところではない国や地域に、その傾向が強いように思います。お祭や、「聖なる存在」、とてつもなく大きな物に、祈りの感情を子ども心に持っていて、それが作品に投影されています。

一方で、グローバル化の波がアジア全体に等しく影響しているのも確かな事実です。自分が住む地域に根ざした感情と、パソコンなどを通して入ってくる情報とが混じり合って、何かを表現しようとした絵を描いている子どもたちもいました。例えば、ブータン。信仰心が非常に強い国です。その一方で、これからの環境をどのようにしていけばいいのかということに、子どもなりにきちんと目配りができていて作品にしています。子どもの力は、すごいものだと感心しました。彼らが大人になった頃は、世界が平和に過ごせる時代が来るのではと、希望が持てました。
絵の構図の取り方や、技術面にもお国柄が出ています。宗教画の伝統を踏まえていたり、幾何学的抽象主義的な要素がふくまれていたりと。また、自分が鳥になって俯瞰的に生活している場や空間を描いた作品も少なくない。いずれも、自分たちが今、住んでいる場所を歩き回ってよく知っているから描けるのでしょう。私は、それでいいと思います。遠近法や明暗法などを教えなくても、自分の目で見たものを自由に描く。鳥になって俯瞰的に描くなんて、大人にはできませんから。

そして日本国内にも、各地の小学校および絵画教室に、生徒の素晴らしさを引き出そうと熱心に絵画指導に取り組んでおられる先生方が多数いらっしゃるのですね。感動しております。

印象に残った国:マレーシア、インドネシア、タイ