委員(ジャーナリスト)・・東京工業大学リベラルアーツセンター教授

池上彰

プロフィール

1950年生まれ。長野県出身。ジャーナリスト、東京工業大学リベラルアーツセンター教授。
1973年NHK入局。報道記者、ニュースキャスターを歴任し、1994年より2005年3月までお父さん役で出演したNHK「週刊こどもニュース」では、編集長兼キャスターを担当する。2005年3月にNHKを退社、現在はフリージャーナリストとして活躍し、日本ニュース時事能力検定協会理事、信州大学特任教授、愛知学院大学特任教授などを兼任。著書に「伝える力」「相手に伝わる話し方」「池上彰の情報力」「そうだったのか!~」シリーズなど多数。

第12期 講評

アジアの国々は、経済力に大きな差があり、これまでは、十分な色使いができないような国もありましたが、次第にその差が小さくなってきた印象を受けます。少しずつでも豊かになりつつあるのでしょう。その一方で、その国ならではの伝統行事やお国柄の特徴が、前ほどはっきりしなくなっている国もあり、都市化の影響なのかと心配になります。それでも、今回も、豊かな色彩感覚、大胆な構図、天真爛漫な表現を楽しませてもらいました。イスラム圏、キリスト教圏それぞれに、暮らしの中に宗教がしっかり根付いていることを改めて知ることができました。

子どもたちの持つ力強さ。審査するこちらが励まされます。

印象に残った国:バングラデシュ、スリランカ