委員(漫画家・大阪芸術大学教授)

田中満智子

プロフィール

1948年生まれ。大阪府出身。マンガ家、大阪芸術大学教授。
高校在学時に「ピアの肖像」で第1回講談社新人漫画賞を受賞。その後、子供から大人向きまでジャンルを問わず幅広い分野で作品を発表し、50年以上に渡り500タイトル近くの作品を描く。2006年に全作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞、2010年文化庁長官表彰、2013年度『マンガ古典文学 古事記』古事記出版大賞太安万侶賞、2014年外務大臣表彰など受賞。代表作に『アリエスの乙女たち』『海のオーロラ』『あすなろ坂』『愛人たち』『女帝の手記』『ギリシア神話』『旧約聖書』『古事記』『天上の虹』など多数。
現在、公益社団法人日本漫画家協会理事長、一般社団法人マンガジャパン代表、NPOアジアマンガサミット運営本部代表、大阪芸術大学キャラクター造形学科学科長などほか、創作活動以外にも各方面の活動に携わる。

第13期 講評

絵日記は「こんなことがありました」だけでは、単なる記録で終わってしまいます。しかし、作者本人がその体験から「何を感じ取ったか」を作品から見て取れると、「良い経験になったね」と、うれしい気持ちになります。見たこと、感じたこと、考えたことを文章と絵で表現するのは、「文章だけ」あるいは「絵だけ」よりも体験をもう一度かみしめる機会になるのではないでしょうか。

生と死、別れにまつわる強烈な体験談もあれば、日びくり返される当たり前のことを愛しく思う記述もあり、「大人も子供も根本的な感性には変わりがない」とつくづく考えさせられました。

この事業の最初の頃と違い、国や地域による画材の差は、もうほとんど見かけられなくなりました。それが、少しずつ暮らしが豊かになっている証拠ならうれしいですね。絵の表現は指導する先生のお手本にも影響されるようで、地域ごとの傾向がそれぞれ個性的でおもしろいと感じました。それは子どもたちが「どんどん吸収する時期」という証なのでしょう。