1. ホーム
  2. 活動・イベント実績

活動・イベント実績

岡崎市立六名小学校での出前授業様子

  • 開催日時 2024年5月31日(金)
  • 会場 岡崎市立六名小学校 音楽室

2024年5月31日、愛知県岡崎市立六名小学校にて、講師に日本ユネスコ協会連盟の鴨志田さんを迎え、6年生を対象に出前授業を実施しました。

本事業では、アジアの子どもたちが描いた絵日記を通じて、アジアを知り、SDGsについて考える出前授業を行なっています。

今回は、6年生・5クラスということで、5校時3クラス・6校時2クラスの2回に分け、総合学習の国際理解教育の一環として、「アジアの子どもたちが抱えている問題について考えるきっかけとなる授業」というご依頼を受け、出前授業を実施させていただきました。

SDGs達成目標である2030年の、自分や岡崎市、世界全体の姿を想像しながら、日本やアジア、世界がどうなっているか考える二択問題から授業がスタートしました。授業後の感想では、「自分たちには当たり前のことでも、世界では当たり前ではないということが分かって、できることから取組みたいと思った」と、心強い言葉をいただくことができました。

事前にSDGsの各ゴールに関する絵日記を集めた作品パネルも展示いただき、授業後にもう一度読み返してもらえたことで、アジアの国々のことやSDGsについて、より理解が深まったのではないかと思います。

三菱アジア子ども絵日記フェスタは、これからも絵日記を通じて、子どもたちにアジアの国々やSDGsについて考え、未来につなげる活動を行なってまいります。

アジアのどもたちのSDGs絵日記展

練馬区立春日町リサイクルセンターにてパネル展示会をいたします。

開催日時

2024年4月9日(火)~4月23日(火)

展示会は終了いたしました。
たくさんの皆様のご来場、まことに有り難うございました。

場所

練馬区立春日町リサイクルセンター
〒179-0074 東京都練馬区春日町2-14-16

入場料

無料

展示内容

応募作品の中から、SDGsの17の目標別に作品を選出したレプリカパネルセットが展示されます。

7こども新聞サミット」に協賛

  • 開催日時 2024年3月27日(水)
  • 会場 日本科学未来館 未来館ホール

全国のこども新聞やこども向け紙面で活動する子ども記者が集う「第7回こども新聞サミット」が3月27日、東京・日本科学未来館で開かれました。12社から参加した18人が取材成果を発表し、「よりよい世界をつくるためには」をテーマに議論を繰り広げ、提言を発信しました。

■ゲストパネラー
根本かおる(国際連合広報センター所長)
関口修二(日本新聞協会NIEコーディネーター)
手島利夫(日本持続発展教育推進フォーラム理事)
安田菜津紀(認定NPO法人Dialogue for People/フォトジャーナリスト)

■限定公開(2024年4月末まで)
https://www.youtube.com/watch?v=7KHm-igYosk

春休みSDGsパネル
~アジアのどもたちの絵日記とSDGs~

多摩市立永山公民館にてパネル展示会をいたします。

開催日時

2024年3月27日(水)~3月31日(日)

展示会は終了いたしました。
たくさんの皆様のご来場、まことに有り難うございました。

場所

多摩市立永山公民館 ギャラリー
〒206-0025 東京都多摩市永山1-5 ベルブ永山3階

入場料

無料

展示内容

応募作品の中から、SDGsの17の目標別に作品を選出したレプリカパネルセットが展示されます。

アジアのどもたちの絵日記展 in 神戸

さんちか3番街ホーム&ライフ内さんちかホールにてグランプリ受賞作品原画、関西地域の優秀な作品が展示されます。

開催日時

2024年2月15日(木)~2月20日(火)
10:00~20:00
※最終日は18:00まで

展示会は終了いたしました。
たくさんの皆様のご来場、まことに有り難うございました。

場所

さんちか3番街ホーム&ライフ内さんちかホール
〒650-0021 兵庫県神戸市中央区三宮町1丁目10-1

入場料

無料

展示内容

第15期(2021-2022)で選出された各国(22の国・地域)のグランプリ受賞作品原画、関西地域の優秀な作品が展示されます。

詳しくはアジアの子どもたちの絵日記展PDFをご覧ください。

真庭市立天津小学校での出前授業様子

  • 開催日時 2024年3月6日(水)
  • 会場 真庭市立天津小学校 6年生教室

2024年3月6日、真庭市立天津小学校にて、講師に日本ユネスコ協会連盟の古小路さんを迎え、6年生を対象に出前授業を実施しました。

本事業では、アジアの子どもたちが描いた絵日記を通じて、アジアを知り、SDGsについて考える出前授業を行なっています。

今回は、間もなく卒業を迎え、新たなフィールドへ旅立つ6年生へ向けた「海外とのつながる仕事に関する話や、教科書だけでは感じ取れないアジアの国の色々な様子を知る授業」というご依頼を受け、出前授業を実施させていただきました。

初めに、日本ユネスコ協会連盟が携わる仕事のお話しを伺い、アジアの子どもたちの描いた絵日記からSDGsを学ぶ授業へ移りました。小学校最終学年の6年生、授業後には「世界で起きている色々な問題や、SDGsについて知ることができ、これからぼくたち一人一人が取り組んでいかなくてはと思いました」と、心強い感想をいただくことができました。校内にはSDGsの各ゴールに関する絵日記を集めた作品パネルも展示いただき、アジアの国々のことやSDGsについて考えてもらう良い機会になったのではないかと思います。

三菱アジア子ども絵日記フェスタは、これからも絵日記を通じて、子どもたちにアジアの国々やSDGsについて考え、未来につなげる活動を行なってまいります。

葛飾区立東金町小学校での出前授業様子

  • 開催日時 2024年2月17日(土)
  • 会場 葛飾区立東金町小学校 体育館

2024年2月17日、葛飾区立東金町小学校にて、講師に日本ユネスコ協会連盟の鴨志田さんを迎え、2年生を対象に出前授業を実施しました。

本事業では、アジアの子どもたちが描いた絵日記を通じて、アジアを知り、SDGsについて考える出前授業を行なっています。

今回は、「世界を身近に感じ、SDGs入門となるような授業」というご依頼を受け、校内参観日に出前授業を実施させていただきました。
高学年を対象に実施することが多いため、今回の授業は私たちにとっても「新たなチャレンジ」でしたが、2030年の自分たちの姿を想像しながらの質問では、日本やアジア、世界がどうなっているか、色々な考えを元気に答えてくれました。

2年生だと少し難しい内容かな?と勝手な心配をしていましたが、授業終了後には、個別に「これからの地球はどうなるの?」といった質問にきてくれたりと、しっかり何かを受け取ってもらえたことが嬉しかったです。校内にはSDGsの各ゴールに関する絵日記を集めた作品パネルも展示いただき、アジアの国々のことやSDGsについて考えてもらう良い機会になったのではないかと思います。

三菱アジア子ども絵日記フェスタは、これからも絵日記を通じて、子どもたちにアジアの国々やSDGsについて考え、未来につなげる活動を行なってまいります。

横浜市立新吉田小学校での出前授業様子

  • 開催日時 2024年2月5日(月)
  • 会場 横浜市立新吉田小学校 体育館

2024年2月5日、横浜市立新吉田小学校にて、講師に日本ユネスコ協会連盟の鴨志田さんを迎え、5年生を対象に出前授業を実施しました。

本事業では、アジアの子どもたちが描いた絵日記を通じて、アジアを知り、SDGsについて考える出前授業を行なっています。

今回は、横浜市立新吉田小学校より「アジアの子どもたちの実生活を知り、様々な国を身近に感じることができるようになる授業」というご依頼を受け、出前授業を実施させていただきました。
いつものように、2030年の自分たちの姿を想像しながら、日本やアジア、世界がどうなっているか考える二択問題から授業がスタートしました。
一つ一つの問題に、しっかり自分の意見を答えてくれました。

授業終了後には、SDGsの各ゴールに関する絵日記を集めた作品パネル鑑賞。アジアの国々のことやSDGsについて考えてもらう良い機会になったのではないかと思います。

三菱アジア子ども絵日記フェスタは、これからも絵日記を通じて、子どもたちにアジアの国々やSDGsについて考え、未来につなげる活動を行なってまいります。

みんなでえよう。SDGs!!

倉敷市立真備図書館にてパネル展示会をいたします。

開催日時

2024年1月18日(木)~1月25日(木)

展示会は終了いたしました。
たくさんの皆様のご来場、まことに有り難うございました。

場所

倉敷市立真備図書館
〒710-1301 岡山県倉敷市真備町箭田47-1

入場料

無料

展示内容

応募作品の中から、SDGsの17の目標別に作品を選出したレプリカパネルセットが展示されます。

過去活動・イベント実績