1. ホーム
  2. 選考委員のご紹介

選考委員のご紹介

三菱アジアども絵日記フェスタ
選考委員紹介

選考委員長

佐藤一郎洋画家

プロフィール

1946年生まれ。宮城県出身。洋画家・東京藝術大学名誉教授および、東北生活文化大学学長。

70年東京藝術大学美術学部絵画科卒業、72年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程油画修了。73年東京芸術大学研究生修了後、ドイツ学術交流会留学生としてハンブルグ美術大学に留学。帰国後、博士課程油画に在籍し、81年に東京藝術大学美術学部絵画科常勤講師、86年に同大学助教授に。95年には文部省在外研究員として、ウィーン美術大学修復学科に在籍。99年より14年まで東京藝術大学美術学部教授、14年から19年まで金沢美術工芸大学大学院専任教授、現在は東北生活文化大学学長を務める。作品に「透視肖像の図」、「調色板と電熱器」、「青葉」、「那智大滝」、「蔵王御釜」などがある。

世界はすでに、グローバルな「地球社会」となっており、経済、政治、法律、生活、文化のあらゆる領域が、互いに密接につながっています。ありとあらゆるものが相互に依存する状態になっています。たとえば、アジアから、ヨーロッパ、そしてアメリカ大陸へと、新型コロナウイルスによる感染拡大は、地球全体を覆う勢いです。私たち一人ひとりが向き合わざるをえない状況になってきました。

今回、「三菱アジア子ども絵日記フェスタ」は、選考委員全員が一堂に会する国際選考会が見送られ、絵日記の画像によるリモート選考をせざるをえない状況になりました。グローバルな「地球社会」の網目から免れなかったわけです。しかし、6月上旬には、選考委員長、副委員長による実作品を見ながらの最終審査をすることができました。生身の生命力あふれる色と形の迫力には圧倒されました。また、韓国からの作品には、「コロナ感染者が1261人にもなった。」とのテロップが書き入れてあり、画面背景が黒色で覆われ、恐ろしいという気持ちが漂っています。

アジアの子どもたちの絵日記を拝見すると、高度情報化されたグローバルな「地球社会」がアジア諸国の隅々にまで浸透してきているのが痛いほどわかります。他方で、国、地域ごとに培われてきた伝承的および伝統的な生活と文化を維持し、発展させていこうとする、すなわち大地に根ざしたローカルな「地域社会」を創り出そうとする、子どもたちの健康な思考と強い意志も感じられます。これら二つが重なる社会環境のもとで、子どもたちは絵を描き文章を綴ることで、知らず知らずのうちに心の奥深くにある本来の「自分自身」の未来を見出しています。このような子どもたちが大人になった時代の「地球社会」は明るい、と期待を持つことができました。

選考副委員長

齋藤芽生画家

プロフィール

画家。1973年生まれ。東京都出身。96年、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2001年、同大学院博士課程修了。現在、東京藝術大学美術学部絵画科油画准教授。

旅の途上で目撃した光景を、虚実入り混ざったイメージで細密絵画に描く。絵画とともに詩的な言葉を配した、文学的な作品世界が特徴。主な展覧会に2002年「傾く小屋 美術家たちの証言 since 9.11」東京都現代美術館、2009年「アーティストファイル2009 - 現代の作家たち-」国立新美術館(東京)、2016年「平成28年秋の有隣荘特別公開 -密愛村-」、2019年「線の迷宮〈ラビリンス〉III 齋藤芽生とフローラの神殿」。2010年、VOCA展2010にて佳作賞と大原美術館賞を受賞。主な著書に「徒花図鑑」(藝術新聞社)、「四畳半みくじ」(藝術新聞社)。

私が審査をするのはこれが二度目の経験。全体的に、前回にも増して着色をしっかりしているという印象を持ちました。どの国でも子どもが画材を手に取れる機会が増えているのでしょう。そして一方で、民族芸術の技法を取り入れあえてモノトーンで表現したり、大変細かい描き込みや文字の装飾をほどこしている作品もいくつか見られました。「子どもはおおらかに伸びやかに」というのは大人の勝手な思い込みで、子どもだからこそ細かい部分にこだわり、集中力を発揮して表現に結びつけることもあるのでしょう。それぞれの子どもにとっての興味の対象が、はっきりあらわれてきたのだと思います。

新型コロナウイルスが世界的に流行する中で、不安な気持ちを日記に書き留めたものもありました。日記に書く、ということは、自己をしっかり見つめながら人生を作っていくことの助けになるはずです。不安なことや悲しいことも嘘なく書きとめることで、その次の新たな明日へ向かう気持ちになれることもあるでしょう。こうやって絵日記を書く体験を宝にし、日々の出来事や心のゆれ動きのすべてがかけがえのないことなのだ、ということを子どもたちが感じてくれることを祈っています。

委員

大石芳野写真家

プロフィール

東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真科卒。

大学卒業後、戦争や内乱が残す不条理に傷つき苦悩しながらもたくましく生き続ける人びとの姿をカメラとペンで追う。1994年「カンボジア 苦界転生」で日本ジャーナリスト会議奨励賞、日本地名研究所、芸術選奨、2001年「ベトナム凜と」で土門拳賞、長年の活動に2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章などを受けた。「福島FUKUSHIMA土と生きる」で2013年JCJ賞(日本ジャーナリスト会議)を受賞した。

写真集に「パプア人」「ワニの民メラネシア芸術の人びと」「沖縄に活きる」「夜と霧は今」「HIROSHIMA 半世紀の肖像」「沖縄 若夏の記憶」「生命の木」「コソボ破壊の果てに」「アフガニスタン戦禍を生きぬく」「コソボ絶望の淵から明日へ」「子ども戦世のなかで」「〈不発弾〉と生きる 祈りを織るラオス」「黒川能の里 庄内にいだかれて」、「それでも笑みを」、「戦争は終わっても終わらない」などがあり、2019年「戦禍の記憶」と「長崎の痕」を出版。

アジアの子どもたちのパワーに満ちた絵日記は審査をしながらいつも元気をもらっています。今回も同じでした。絵ばかりでなく文章からも自分や家族、地域や社会、自然や環境など、日ごろからよく観察し、考えていることについて、一人ひとりの思いがペンを通して作品から伝わってきます。

以前、私が訪ねたことのある地の絵日記には頷くものも多いのですが、知らない国々には新鮮な発見もあって感動します。一人5枚(5パターン)の絵日記には、その子の気持ちや考えが真剣に描かれていて、とても愛おしくさえ思えます。子どもたちはみなしっかりと自分を見つめていることが伝わってきます。それだけに成長が楽しみです。同時に絵日記から私も教えられたり考えさせられたりすることが多々ありました。

画材に関しては国や地域によって用いられているものの違いがあるようですから、念頭には置かないようにして審査しました。逆にそれらの違いがかえってアジアの多様性にもなっていて個性でもあると思います。色鉛筆、クレヨン、クレパス、水彩絵の具など多様な道具によって私たちは広いアジアの一面を伝えてもらえることができるような気がします。だれもが同じような画材で似たような調子で描いたら一面的になり兼ねません。アジア子ども絵日記の意味合いは多様性と個性ですから、それらを大事にしながら、自信を持ってこれからも描き続けて欲しいものだと思っています。

たくさんの絵日記を見せていただいてありがとうございました。

委員

池上彰(ジャーナリスト)

プロフィール

1950年生まれ。長野県出身。ジャーナリスト、名城大学教授。

1973年NHK入局。報道記者、ニュースキャスターを歴任し、1994年より2005年3月までお父さん役で出演したNHK「週刊こどもニュース」では、編集長兼キャスターを担当する。2005年3月にNHKを退社、現在はフリージャーナリストとして活躍し、東京工業大学特命教授、立教大学客員教授、信州大学特任教授などを兼任。著書に「伝える力」「池上彰のやさしい経済学」「知らないと恥をかく世界の大問題」「そうだったのか!~シリーズ」など多数。

応募作品の選考は、楽しいけれど、辛い作業でもあります。子どもたちが描いた生き生きとした作品に甲乙をつけなければならないからです。

どれも、それぞれの国で選ばれたものばかりですから、それはそれは見事でした。

毎回選考を続けているうちに変化も感じ取れるようになりました。それは、アジアでも他の国より貧しいとされてきた国の子どもたちの絵が、どんどん明るくなってきたことです。

以前は、絵を描く道具にも事欠いていたのではないかという状況の国もあり、淡色の色彩が多かったのですが、その国でも華やかな絵が増えました。こんなところからもアジアの発展を実感します。

国により、イスラムだったり仏教だったり、宗教色もさまざまで、アジアの多様性を知ることになります。

今回は新型コロナウイルスの感染拡大の中での審査となりましたが、早く子どもたち同士の交流ができる日を待ち望んでいます。

委員

里中満智子(マンガ

プロフィール

1948年生まれ。大阪府出身。マンガ家、大阪芸術大学キャラクター造形学科教授。

高校在学時に「ピアの肖像」で第1回講談社新人漫画賞を受賞。その後、子供から大人向きまでジャンルを問わず幅広い分野で作品を発表し、50年以上に渡り500タイトル余りの作品を描く。2006年に全作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞、2010年文化庁長官表彰、2013年度『マンガ古典文学 古事記』古事記出版大賞太安万侶賞、2014年外務大臣表彰、2018年文化庁創立50周年記念表彰など受賞。代表作に『アリエスの乙女たち』『海のオーロラ』『あすなろ坂』『愛人たち』『女帝の手記』『ギリシア神話』『旧約聖書』『古事記』『天上の虹』など多数。

現在、公益社団法人日本漫画家協会理事長、一般社団法人マンガジャパン代表、NPOアジアマンガサミット運営本部代表、外務省日本国際漫画賞審査委員長などほか、創作活動以外にも各方面の活動に携わる。

各国や地域の子ども達の生活には、それぞれの文化や風習が反映されています。

地域によって経済格差があり、何を楽しんでいるかは経済状態により違いがあります。

でも、子ども達にとっての「喜び」「充実感」には違いがありません。

どうかこのピュアな子ども達の暮らしがずっと平和でありますように、大人の責任を感じながら、読ませていただきました。

この企画に参加した子ども達にとって、自分の暮らしや価値観とは違う生活を知る事が、視野を広げるきっかけになると信じています。