グランプリ受賞者

14(2019-2020)
モルディブ共和国
おなまえ イバー アミール アブドゥッラー さん
年齢 11
  • 毎日(まいにち)(わたし)(とも)だちと(じゅく)()きます。()()(ちゅう)で、(わたし)たちは(とお)りすぎるクルマやバイク、(ねこ)(かぞ)えたり、(みせ)看板(かんばん)()んだり、おしゃべりしたりします。マレ(首都(しゅと))の道路(どうろ)交通量(こうつうりょう)(おお)いので、(わたし)たちはすいている(みち)(ある)きます。(わたし)たちは(とも)だちのお(かあ)さんのひとりに()きそってもらいます。(なら)っている教科(きょうか)(なか)でもアラビア()(むずか)しく、両親(りょうしん)(おし)えることもまた(むずか)しいので(じゅく)()きます。

  • (いえ)のバルコニーにある植物(しょくぶつ)にチョウが(たまご)()みました。チョウの幼虫(ようちゅう)(すこ)(おお)きいので、お(とう)さんはその植物(しょくぶつ)途中(とちゅう)から()りました。(いえ)(なか)のヤモリの(たまご)幼虫(ようちゅう)()べてしまいました。幼虫(ようちゅう)がチョウになったので、(はな)してあげました。植物(しょくぶつ)(した)()びまわっているのが()えます。(そと)()てながめると、()っぱに(ちい)さな(たまご)()んであるのが()えました。

  • ()()けに()きて、お(とう)さんや(おとうと)といっしょに人工(じんこう)ビーチへ()ってハトに(こめ)(まめ)をやります。(とき)どきお(かあ)さんや(いもうと)()くこともあります。弟妹(きょうだい)たちはハトを()かけるととても(よろこ)びます。(わたし)たち()(がい)(ひと)たちもハトのエサやりにきます。

  • イード((だん)(じき)()けの祝日(しゅくじつ))の()(あさ)()きて、お(かあ)さんとおばあちゃんといっしょにイードのお(いの)りにいきます。モスク(イスラム(きょう)礼拝堂(れいはいどう))へ()って、たくさんの()()いに()います。イードの()はたくさんの(おく)(もの)交換(こうかん)する()です。イードのお(いの)りの(あと)家族(かぞく)親族(しんぞく)(いえ)(あつ)まるのが習慣(しゅうかん)です。家族(かぞく)(きずな)(ふか)まる、イスラム教徒(きょうと)にとって特別(とくべつ)()だからです。

  • 金曜日(きんようび)土曜日(どようび)は、たまに家族(かぞく)といっしょにビーチへ()きます。(すな)(あそ)んだり(およ)いだり、(すな)(あそ)びの道具(どうぐ)使(つか)って(あな)()ったりします。(うみ)(はい)ってボールでも(あそ)びます。マレ(首都(しゅと))に()んでいる(ひと)びとのために(つく)られたビーチです。一部(いちぶ)(ひと)びとはビリンギリ(首都(しゅと)(となり)(しま))のような場所(ばしょ)()って(うみ)(はい)ったりもします。(うみ)(かこ)まれている(ところ)なので、(およ)ぎを練習(れんしゅう)することは(わたし)たちにとってとても大切(たいせつ)です。